8021630f3df758a06512bed76f76a79e_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

HARG療法の効果

HARGは植毛と違い、その人が持っている毛を生やす能力を再生させる技術です。髪の毛が生えていない、もしくは薄毛の状態で毛母細胞が残っているケースが多くあり、ここにHARGという栄養を与えて発毛させるというのがHARG療法です。

HARGではHARGカクテルと呼ばれる栄養素を毛母細胞に与えて、毛を作る機能を復活させることを目的として開発された技術で、このHARGカクテルには、AAPEという毛の成長を促すタンパク質や毛髪の再生を促進させるVEGFなどを配合しています。

AAPEは細胞を活性化させて、成長因子が休んでいる状態の細胞を刺激し、休止期から成長期へ導きます。頭の髪の毛のあるべき部分が薄毛や禿になっているとき、毛母細胞は植物でいう種が休んでいる状態にあります。ここに栄養を注入して活性化させて、毛を生やすというのがHARG療法の考え方です。

HARGで効果が出ないケース

HARG療法は数回に分けて施術を行うことで効果が発揮されます。専門クリニックの医師によると、多くは3回か4回の施術で発毛を実感するとされています。ただし年齢や脱毛の状態によっては、発毛までの期間が異なるため、充分に効果が出る前に治療を断念するケースがあると語っています。

また、一部の医療機関ではHARG療法の治療費用を極端に安くして、使用する薬剤を変えたり、また有効成分の濃度を低くしたりしているケースがあり、こういった場合には発毛を実感しにくいと言う話です。

そして完全に毛髪が失われてから時間が経っていて、頭皮が固くなっている状態でHARGカクテルを注入しても細胞が活性化しないことがあると言われています。一般的に、HARG療法が若い人の方が効果が出やすいのは、頭皮が固まっていないからとされています。

HARG療法の発毛率は?

HARG療法は比較的新しい発毛技術であるため、安全性や信頼性に疑問を持っている人も多くいます。そのため、専門クリニックでは、それぞれに発毛率を発表して定着を図る努力をしています。

HARG療法で有名な東京都のHARG治療センター・新宿桜花クリニックは、施術を受けた人の中に効果が出なかったという人はいなかったと2015年のホームページ上で語っています。同クリニックによると、HARG療法に効果なしということはなく、原因に関わりなく発毛・育毛を促進できる治療方法であり、幅広い年齢層で、また性別を問わず99%の発毛率があると自負しています。

HARG療法を受けようと考えている人は、こういったホームページで治療効果をしっかりと記載しているところを選んで施術を受けましょう。

育毛剤おすすめランキング