8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

ロニテンとはどういう薬か?

ロニテンはミノキシジルタブレットと同様の効果を期待できる薬です。日本ではミノキシジルの方が圧倒的に知名度は高いものがありますが、実際にはロニテンの方が歴史が長いため、臨床データも豊富です。

基本的にミノキシジルとロニテンにはほとんど違いがなく、同じ成分が同量含まれています。副作用に関しても同様のものが見られます。先発がロニテンで、後発はミノキシジルタブレットであるに過ぎません。主成分には血管を拡張させる働きがあり、当初は高血圧症の患者用の薬でした。

ロニテンの効果と副作用

ロニテンには血管を拡張させる効果があるため、頭皮の血行が良くなることで発毛が促進されることが分かったため、AGA治療薬として用いられるようになった経緯があります。頭皮の血行が良くなることによって髪の毛に必要な栄養素が行き渡りやすくなり、毛母細胞が活性化するため発毛がうながされるということになります。

その反面で、いくつかの副作用があることが報告されています。元来は高血圧症の治療薬であるため、血圧が低下することによる副作用です。血圧が降下することによって動悸がするようになり、吐き気を催すことがあります。また、血管内皮細胞の増殖因子が分泌され、それが頭皮だけでなく身体の全体に行きわたることになるため、体毛が濃くなることがあります。

血圧降下剤としての副作用

ロニテンは本来は血圧降下剤であるため、それに伴う副作用があります。たとえば動悸が激しくなることや、不整脈を引き起こすことがあります。ロニテンは心臓と血管に作用することが本来の目的です。服用した後は、今までとは違う血流の変化があります。元々心臓の機能が弱い人などは注意した方がいいでしょう。激しい動機を感じて、息が止まるような錯覚に陥る人もいることが報告されています。

また、体毛の増加についても問題が発生する可能性があります。顔のこめかみやおでこにも多毛が見られるケースがあることが報告されています。血液の量が増えるために、身体の水分量や塩分濃度が変化します。このため、身体が防衛反応として血管内の水分を増やそうとするため、顔や身体にむくみを起こす可能性があります。普段から汗をかくことの多い代謝のいい人にとっては問題がないと言えますが、生活習慣上に何らかの問題のある人にとっては、水分が抜けにくくなって顔に変調が現れること可能性があります。対策としてはリンパマッサージなどを受けて水分と老廃物を排出するようにするといいでしょう。

育毛剤おすすめランキング