7576cdde6554bc93ba26424da71fb1cd_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

ミノキシジルタブレットの主成分

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを主成分とした、男性型脱毛症のジェネリック医薬品です。先発の製品はロテニンで、その後発医薬品として開発されたものです。そのためロテニンと同じ成分を含んでおり、同等の効果があります。

後発医薬品であるため、先発のロテニンよりも価格が安いというメリットがあります。ジェネリックに抵抗のない人にとっては、有用でしょう。

主成分のミノキシジルには血管を拡張させる機能があり、高血圧症の治療に役立てられていました。血管を拡張させる働きが頭皮の血行を良くするため、発毛促進にも効果があることが分かりました。以来、育毛剤として使用されています。頭皮の血行が良くなると、髪の毛に栄養が行きわたることになり、発毛に大きな効果があります。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは、服用を初めてほぼ3ヶ月ほどで効果を実感できると言われています。飲み始めのころは頭皮に効いている感覚はあるものの毛が生えてくるという実感は、後になってから現れます。

飲み始めの初期には、脱毛が見られます。元来薄い頭皮がさらに薄くなることで起こる脱毛です。初期脱毛によっていらない毛髪をいったん抜け落として、その後に健康な毛髪が生えてきます。初期脱毛で使用を中止する人も多くいますが、その期間だけ耐えて飲み続けると毛髪が元通りになり、さらに増えてきます。

リサーチによると、ほぼ80%程度の利用者が発毛を実感できたというデータが出ています。髪の毛が太くなって、頭皮の皮脂の分泌が抑えられ、サラサラの髪の毛になります。ミノキシジルタブレットは発毛や育毛においては有効な薬です。

代表的な副作用

ミノキシジルタブレットにはいくつかの副作用があります。元来は高血圧症の患者のために開発された薬であるため、そういった薬特有の副作用を伴います。たとえば動悸が激しくなること、顔がむくんでくること、また髪の毛だけでなく身体の他の部分にも毛が生えてきて、いわゆる多毛症に近い状態になることなどが挙げれます。

そのほか、頭皮にかゆみが出たり、日中の眠気を感じたりという副作用もあります。胸の動悸は早い段階で出ると言われており、心臓がバクバクと動いて息が止まるような感じを覚える人が多くいます。また、使用後1週間くらいで顔のむくみが出ることがほとんどです。周囲の人から見ても分かるくらいに顔がパンパンになることがあります。

育毛剤おすすめランキング