395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

プロペシアの高い人気

AGAと呼ばれる男性脱毛症に有効な成分であるフィナステリドが配合された治療薬が注目を集めています。日本皮膚科学会でも高い有効性があることが認められており、抜け毛や禿の改善に役立つ薬として、日本でも高い人気があります。

フィナステリドを配合した医薬品として日本で販売されているものは、万有製薬のプロペシアです。アメリカのメルク社が開発し、世界の医療機関で利用されています。日本でのAGA治療が本格化するきっかけを作った薬です。副作用があり、服用には注意を要するため日本を始め、各国で医師の処方箋によって薬局で購入するようにしています。

プロペシアの個人輸入

プロペシアは、医療機関で処方箋を出してもらって薬局で購入することになりますが、保険適用外であるため、費用がかかるというデメリットがあります。そのために、プロペシアと同等の有効成分を含む薬を個人輸入によって購入することが流行しています。

2015年にまとめられた報告によると、プロペシアを1年分購入したとき、医療機関から処方してもらった場合には9万円以上かかりますが、個人輸入なら1万円を少し超える程度で済みます。格段に料金が違うことになります。

インターネット上でもプロペシアと同等の成分を含む薬の個人輸入代行業者が数多く存在しており、なかには信頼性を欠くような業者もいます。

なぜ偽物が作れるのか

医薬品には、正規のものとジェネリック医薬品があります。ジェネリックは新薬として開発された薬の特許が切れた後に販売されるもので、新薬と変わらない有効成分を含み、しかも価格の安い薬です。ジェネリックには開発費用があまりかからないため、価格を抑えることができ、消費者側としてはありがたい存在です。

元来、AGA治療薬は価格が高く設定されています。その分、偽物を作って販売したときに利益幅が大きいことになります。薬の名称も、ジェネリックでは違うものを使います。そのため、ジェネリックの偽物なのか、本当のジェネリック医薬品なのか判別しにくいということになります。

錠剤そのものも、粉末状のものを固形にしておけば見た目では判断できません。形も色も、刻印も自由に付けられます。素人が見分けるのは非常に困難です。

偽物をかまされないようにするには、個人輸入業者で長年の営業実績があり、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。ネット上のAGA治療薬を扱っている大手業者にはオオサカ堂やアイドラックストアなどがあります。なるべくこうした業者から購入するようにしましょう。

育毛剤おすすめランキング