d1c4be83a139da6d72034b29395f4100_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

頭皮がかゆくなる

ロゲインはミノキシジルを有効成分とした育毛剤で、頭皮に塗って使います。副作用は頭皮がかゆくなったり、フケが出やすくなったりすることです。他にもさまざまな副作用が知られていますが、この副作用ほど出現することはないので、あまり気にする必要はありません。

なぜ頭皮がかゆくなるかというと、血行がよくなったり、直接頭皮に塗ることでかぶれたりするからです。もちろんかゆくなったからといって思う存分かきむしってはなりません。どうしてもかゆい時はせめて指の腹でなでるなどして頭皮へのダメージを抑えてください。

いくらロゲインで育毛・発毛を促進させたとしても、かきむしって頭皮を傷つけたのでは効果が半減です。かといって我慢しきれないかゆみが続くのもストレスになるので、早めに対処を考えておきましょう。

使い方を守る

頭皮がかゆくなる副作用の対処法はまず使い方を守ることです。ロゲインの使い方は1日に2回までで1回1mlと決まっています。これ以上の量を使っても効果が増すとは限りませんし、頭皮の環境を悪くする原因になります。もし頭皮がかゆくなった時は一度今までどのようにロゲインを使ってきたか思い出すようにしてください。正しくない使い方をしていたのであれば、それが原因です。

また、ロゲインを頭皮に塗る時はできるだけ均等に全体に延ばしていってください。というのも、一部分だけ塗りすぎていると、そこがかゆくなる可能性があるからです。頭皮はなかなか塗りにくい部位ではありますが、鏡を見るなどして丁寧に行いましょう。塗り方ひとつで育毛効果の出方が変わってくる場合もあります。

頭皮は常に綺麗にしておく

頭がかゆくなる副作用は血行促進が原因の場合もありますが、一番の原因は頭皮の環境が悪くなることです。そして頭皮の環境が悪くなるのはロゲインを塗ったせいでもありますが、もともと頭皮の環境が良ければそれほど影響が出ることはないはずなので、日々頭皮を綺麗に保つことを意識しましょう。

たとえば、1日の終わりに必ず洗髪することで頭皮を綺麗に保つことができます。というのも、外出していた時に砂埃や自動車の排気ガスなどが頭につくからです。外出していなかったとしても、汗や皮脂、ほこりが溜まります。そういった1日の汚れを落としているのと落としていないのとでは頭皮のかゆみの程度が全然違ってくるはずです。

洗髪した後はドライヤーで丁寧に乾かしましょう。濡れたままにしておくと頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。

育毛剤おすすめランキング